RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
次回のTOEIC日程
公式サイトによると、2010年1月31日(日)に行われる第152回TOEICテストの申込日程は以下の通りです。

インターネット申込:2009年11月2日(月)10:00〜12月8日(火)12:00締切
郵送申込:2009年11月1日(日)〜12月7日(月)締切

受験をお考えの方は申込を忘れずに!
author:ジョン, category:TOEIC, 21:58
-, -, pookmark
TOEIC受験料値下げ
ニュースによると、TOEICの主催団体が儲けすぎたため、
TOEIC受験料が値下げされるようです。
受験生にとっては嬉しいニュースですね。
author:ジョン, category:TOEIC, 17:55
-, -, pookmark
11月29日(日)TOEIC試験
公式サイトによると、2009年11月29日(日)に行われる第151回TOEICテストの申込日程は以下の通りです。

インターネット申込:2009年9月14日(月)10:00〜10月15日(木)12:00締切
郵送申込:2009年9月1日(火)〜10月14日(水)締切

涼しくなってきましたし、勉強の秋ですね!
author:ジョン, category:TOEIC, 22:04
-, -, pookmark
今度のTOEIC申込
公式サイトによると、2009年9月13日(日)に行われる第149回TOEICテストのインターネットによる申込期間は以下の通りです。

2009年7月6日(月)10:00〜8月6日(木)12:00締切

試験まで2ヶ月弱ありますので、各人の目標に向かって勉強を頑張って下さい。
2ヶ月あればかなりの得点アップができます。
author:ジョン, category:TOEIC, 09:10
-, -, pookmark
教材の10日間無料試聴申込み
よく広告で見かける「スーパーエルマー」を10日間無料で試聴できるようです。英語の語順で理解するのは大事なことだと思います。リスニングの際に、一文を最後まで聞いてから訳していたのでは、全く話になりません。一文を句に分けて、句の意味を理解できるようにトレーニングしましょう。


TOEICスコアが 175点UPする教材「スーパーエルマー」とは?   

author:ジョン, category:TOEIC, 23:27
-, -, pookmark
リスニング(Part 3 & 4)の解き方
 Part 3 & 4は、比較的点数が取りにくいところです。ここで点数を稼ぐにはどうしたらよいでしょうか。まず大事なのは問題の先読みです。例題の説明をしている時間などを利用して予め問題と選択肢を読んでおくのです。最初の全ての問題と選択肢を予め読んでおけば、最初の会話やスピーチを聞きながら答えがでてきたら選択肢を選ぶことができます。この聞きながら答えをマークしていくところがポイントです。聞きながらなので、マークシートを塗りつぶす時間はありません。マークシートに点を打つだけです。このように聞きながら回答していくと、最後まで聞かなくても全ての問題が解けます。そして、問題が全て解けたら、まだ会話が続いていたとしても、次の問題の先読みを始めます。少なくとも問題文を予め頭に入れて会話を聞くと点数がアップします。これは、何に集中して聞けばいいかが決まるからです。問題になるところだけアンテナを張って聞けばよいのです。
author:ジョン, category:TOEIC, 18:29
-, -, pookmark
長文読解(Part7)の解き方
 Reading問題のうち、最も時間がかかるのが長文読解(Part7)です。このPart7は慣れてしまえば比較的点数が取り易くなります。まず、Part7でどんな文章が出てくるか予め知っておくと有利です。例えば、商品が届かないというクレームの手紙、就職時の申込書、レストランのメニューなどは頻出です。解き方としては、まず長文の全体をぱっと見てどの種の文書なのか一瞬で判別します。そして、本文は読まずに問題文を読みます。さらに、最初の選択肢を読みます。この最初の選択肢が合っていようが間違っていようが関係ありません。その後、本文を読み出します。そして、問題の答えが出てくるところまで読み進めます。答えが分かる箇所に来たら全ての選択肢を見て正解を選びます。そして2問目に進みます。同様に最初の選択肢を見て、先ほど中断した場所から本文の続きを読みます。そして2問目の答えが出てくるところまで進みます。通常、問題の並びと本文は対応しているので、この方法は非常に有効です。そして、問題が全て終わったら本文を最後まで読んでいなくてもおしまいにします。これで最短時間で問題を解いていけます。

思ったことを瞬間的に英語で言えるようになるプログラム(特許申請中)
author:ジョン, category:TOEIC, 09:28
-, -, pookmark
Readingの時間配分の戦略を立てよ
Readingは75分です。このうち、Part 5,6に費やせるのは20分くらいです。残りの55分はPart7にまわすべきです。そうすると、Part 5,6は瞬時の判断で解くしかありません。幸い語彙の問題等は知っているかどうかの問題なので考えても答えはでません。よって、いずれにしろ瞬時に答えを決めてしまいましょう。Part7に55分程度残しておくと、1問あたり1分程度で解ければ比較的落ち着いて進められます。このとき、自分のペースは大丈夫か途中で1回は確認した方がよいと思います。そうしないと、あと5分しか残ってないのに15問も残ってる!という事態になりかねません。
author:ジョン, category:TOEIC, 00:20
-, -, pookmark
TOEICテスト直前の技術
新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ
新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ
ロバート ヒルキ,ポール ワーデン,ヒロ前田

 この本は、完全に信じるとまずい気がしますが、かなりの部分は参考になります。11日間即効プログラムと銘打っているだけあって、直前でも間に合う正にテクニックが豊富に掲載されています。この本に書いてあることを頭に入れておけば、英語力が同じだったとしても確実に点数が上がるでしょう。とにかく少しでも点数を上げたいのならオススメです!ただし、くどいようですが、ある程度できる人にとってテクニックが足かせになることもあるので要注意です。
author:ジョン, category:TOEIC, 08:33
-, -, pookmark
TOEIC700点台から930点へ
 大学受験では英語が得意ではあったのですが、就職活動中、就職後、何度TOEICを受けても700点台の中盤くらいでした。特にTOEICの試験対策も行わずに、現状の英語力はどれくらいかを測定するという意味で受験していたからだと思います。

 ところが、800点を超えなければいけない状況に追い込まれて、2ヶ月ほどTOEIC向けの勉強をしたところ、自分でも驚いたのですが、875点を取ることができました。

 さらに、900点超えを目標に英語を勉強し、1年ほど経って再びTOEICを受けたところ、とうとう930点を取ることができました。

 700点台で悩んでいる人は多いと思いますが、2ヶ月で875点、1年半程度で930まで行けるということです。自分の経験を通して、点数アップに最も役に立った勉強法を公開していこうと思います。
author:ジョン, category:TOEIC, 12:22
-, -, pookmark