RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
Readingの時間配分の戦略を立てよ
Readingは75分です。このうち、Part 5,6に費やせるのは20分くらいです。残りの55分はPart7にまわすべきです。そうすると、Part 5,6は瞬時の判断で解くしかありません。幸い語彙の問題等は知っているかどうかの問題なので考えても答えはでません。よって、いずれにしろ瞬時に答えを決めてしまいましょう。Part7に55分程度残しておくと、1問あたり1分程度で解ければ比較的落ち着いて進められます。このとき、自分のペースは大丈夫か途中で1回は確認した方がよいと思います。そうしないと、あと5分しか残ってないのに15問も残ってる!という事態になりかねません。
author:ジョン, category:TOEIC, 00:20
-, -, pookmark
TOEICテスト直前の技術
新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ
新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ
ロバート ヒルキ,ポール ワーデン,ヒロ前田

 この本は、完全に信じるとまずい気がしますが、かなりの部分は参考になります。11日間即効プログラムと銘打っているだけあって、直前でも間に合う正にテクニックが豊富に掲載されています。この本に書いてあることを頭に入れておけば、英語力が同じだったとしても確実に点数が上がるでしょう。とにかく少しでも点数を上げたいのならオススメです!ただし、くどいようですが、ある程度できる人にとってテクニックが足かせになることもあるので要注意です。
author:ジョン, category:TOEIC, 08:33
-, -, pookmark
TOEIC700点台から930点へ
 大学受験では英語が得意ではあったのですが、就職活動中、就職後、何度TOEICを受けても700点台の中盤くらいでした。特にTOEICの試験対策も行わずに、現状の英語力はどれくらいかを測定するという意味で受験していたからだと思います。

 ところが、800点を超えなければいけない状況に追い込まれて、2ヶ月ほどTOEIC向けの勉強をしたところ、自分でも驚いたのですが、875点を取ることができました。

 さらに、900点超えを目標に英語を勉強し、1年ほど経って再びTOEICを受けたところ、とうとう930点を取ることができました。

 700点台で悩んでいる人は多いと思いますが、2ヶ月で875点、1年半程度で930まで行けるということです。自分の経験を通して、点数アップに最も役に立った勉強法を公開していこうと思います。
author:ジョン, category:TOEIC, 12:22
-, -, pookmark
英語の総合力を上げるには
速読速聴・英単語 Core1900〈ver.3〉
速読速聴・英単語 Core1900〈ver.3〉
松本 茂,ゲイル・K. オーウラ,藤咲 多恵子,ロバート・L. ゲイナー

この速読速聴・英単語は、文章を読むことで単語や熟語を覚えられることが素晴らしいと思います。やはり英単語はその日本語訳だけを覚えていても使えません。文章の中でどのように使うのかを知ることが必要です。そのためには、この速読速聴・英単語のような本で勉強するとよいでしょう。初級編のBasic、上級編のAdvanceとあるようですが、中級編のCoreが最もお薦めです。
author:ジョン, category:TOEIC, 09:06
-, -, pookmark
いつになったら英会話ができるようになるのか
 英会話は慣れだと思います。文法的な内容は中学生の簡単な英語で十分ですから、あとは口に出したり聞き取りの練習をするだけです。いくら頑張ってもネイティブにはかないませんが、意思疎通さえできれば英会話ができると自信を持ってよいと思います。つまり、自分は英会話ができると思い込んだ時が、英会話ができるようになった時なのではないでしょうか。
author:ジョン, category:その他, 09:17
-, -, pookmark
speakingのこつ(その2)
 speaking力を上達させるには、何をすればよいのでしょうか?一番大事なのは、日々英語を話すということです。これに尽きます。英語の勉強は筋力トレーニングと同じです。継続した練習がものを言うのです。
 日々英語を話す方法として、最もお薦めしたいのがシャドウイングというトレーニング方法です。この方法は一人でできるのが最大の特徴です。例えば、英語のCDやDVDを使って、聞こえる音声に重ねるように口を動かします。0.1秒遅れて付いて行くような感じです。これが「影」に相当するのでシャドウイングと言うのだと思います。このシャドウイングを行うと、口が疲れます。まさに、口の筋肉トレーニングです。英語を話す場合、日本語を話すための筋肉とは異なる筋肉を使います。だから疲れるのです。シャドウイングを続けていると、口が疲れなくなってきます。そうなれば、英語を話すときに滑らかな口の動きになっています。
 1日10分でいい(10分でもかなり疲れます)ので、シャドウイングを続けましょう。
author:ジョン, category:その他, 21:41
-, -, pookmark
speakingのこつ(その1)
 現行のTOEICではspeaking力は問われません。しかし、speakingは日本人が最も苦手としている分野ですし、今後TOEICでspeaking力が問われることになるかもしれません。TOEIC800点台でも思うように英語を話せない人はたくさんいます。日本人の多くはどうすればspeaking力が上達するのか悩んでいます。

 そもそもspeaking力はどのように評価されるのでしょうか。speaking力を評価する指標としては、発音と文章構成の2つがあります。

 発音については、発音練習のテキストを一通りやればいいと思います。ネイティブのような発音までは必要ありませんが、発音が悪くて通じないことも多いので、ある程度、発音の練習は必要だと思います。芸能人の物まねと同じように、声の出し方を真似る練習がいいでしょう。

 文章構成については、簡単な文から始めることが大事です。いきなり長い文章を話すことは不可能です。I want this.でいいんです。中学校で習うレベルの簡単な英文で十分です。時制、3単現のsなどを間違っても気にせずに話すことが大事です。間違ったら恥ずかしいという気持ちを払拭できたら、speaking力はぐんぐん上達するでしょう。

↓こんなspeaking上達法があるようです。
英語が話したいならYouCanSpeak
author:ジョン, category:その他, 09:19
-, -, pookmark
英会話カフェ
 英語を話す機会がなくて困っている人には、英会話カフェがお薦めです。カフェに来る外国人と自由に話すことができます。定期的に通っている外国人も多いので、上手くいけば友達になれるかもしれません。しかも英会話スクールに行くよりも安上がりです!
author:ジョン, category:その他, 00:58
-, -, pookmark
language exchange
 英語を話せるようになりたかったら、language exchangeがお薦めです。日本語を勉強している外国人を見つけて、日本語を教えてあげる代わりに英語を教えてもらうのです。これだとお金のやりとりもなく、互いに対等な立場なのでお薦めです。自分の場合、毎週1回外国人の友人とカフェで会って1時間日本語を教えて、1時間英語を教えてもらっていました。ただ、どうやって外国人の友人を見つければよいのでしょうか。人それぞれでしょうが、積極的に外国人が集まるところに出向いていって友達になるのが一番早いと思います。
author:ジョン, category:その他, 15:12
-, -, pookmark
フレンズの見方
 フレンズの見方は人それぞれでしょうが、日本語字幕と英語字幕で2回見ることをお薦めします。最初に日本語字幕で見ると、話の概要を掴み易いのですが、聞き取れない箇所がたくさん出てきてしまいます。最初に英語字幕で見ると、話の内容が分かりにくいのですが、聞き取った英語が文字で分かります。

英語が自由に話せるようになり、TOEIC の点が確実に上がる待望の英語習得システム(特許申請中)

スコアアップ専門マンツーマンスクール【EYE】の無料体験レッスン

最速!12時間で『英語耳』獲得!マジック・リスニング遂に発売開始!
author:ジョン, category:その他, 07:57
-, -, pookmark